出会い系ガチ体験談ブログ

PCMAX体験談!21歳看護師とガチワンナイトラブしてきたw

      出会い系体験談    


皆さん、体調は大丈夫ですかねぇ…

この寒い季節、ほんまに風邪をひきガチですわ。

どんだけしんどくても性欲はあるもんで、病気をがっつり移す勢いで性行為に及んできましたぞ!

今回は体調不良なあなたにぴったりなナースのお姉さん。

ネットのせいかもわかりませんが、看護系の仕事をしている人って、どこか性欲が強いイメージがありません?

自分の今までの体験からしても性欲が強かった女性を思い出してみると、介護系や看護系が当てはまります。

おそらく、対人関係のストレスとかをセックスで解消しているのかな?という推測が立ちます。

まあ女の職場なんで出会いに飢えてるって側面では事実上かもしれませんな。

相手の反応としては、足跡が付いていましたが、給料日前ということもあって課金も程々にしており、メッセージはせず足跡を返すだけでした。

なんとも貧乏なごんぞーですわ…泣

そんな貧乏な私に追い打ちをかけるように相手からメッセージが来たのがきっかけです。

ええ…課金せなあかんやん…嬉しいやら悲しいやらですわ。

一人の看護助手からのアプローチ

こんだけ足跡つくのはある程度プロフィールを充実させるっちゅうのは大事ですな。

まずは相手に自分のアカウントを発見してもらわないといけませんし。。

この看護婦さんはプロフィールに恋人を募集しています。近々会える人がいればメッセージ下さい!と書いていました。

あー、そっち系ねと。

ごんぞーは性根から腐った人間ですがこんなピュアな乙女心を汚いちんこで踏みにじるのはさすがに少し心が痛みますぞ。

っていっても結局やり捨てしちゃうんですけどね。照

この手の女は早く会えるか、じっくりやりとりせなあかんかどっちかですわ。

「足跡ありがとう!是非仲良くしてください!」

ファーストメールはこんな感じ。

好意を寄せ始める彼女を口説いてアポイント!

ちょうどこのタイミングで給料日がきたので本格的にメッセージを開始しました。

「返信あまりできなくてごめんね!仕事が忙しくて中々返せなかった!」
「大丈夫だよ!今はもう大丈夫なの?」
「大丈夫だよー!少し落ち着いたから徐々に返せるかも!」
「それならよかったですー!お仕事お疲れ様です♫」

なかなかええ子やん!ってなるw

これだけでちょっぴり心がほっとしますな。

さすがにお金がなくて、課金できなかったとは言えなかったので仕事の忙しさでカバー。

ちなみに俺ひまやでーっていう男はモテませんぞ。

女の子は仕事頑張ってる男に本能的に魅力を感じるので、たとえ社内ニートでも激務のフリをしましょう。笑

(それにしても結構食いつきええな。)

こんな私に食いついてくるとはサンショウウオが道頓堀で見つかるくらいのレベルやなって。。

相手もプロフィールに書いていた通り、早く会いたいと思っていたのか、距離感を縮めてくるのも非常に楽な感じ。

本格的にやり取りを開始して2日経った頃に、彼女からIDが送られてきました。

「てかラインしないー?ここでやり取りするのめんどくさーい。」
「おー!ええよ!wじゃあ、ラインに移動しようか!」

まあかわいいけど馴れ馴れしい女やな。

初対面でタメ口使われて、ちょっとうってなる感じです。

女の謎の勢いはとどまるところを知らずラインに移動してから、即相手から通話がかかってきました。

「本当は、通話したかったんだよねー。やり取りよりも通話のほうが嬉しいじゃん」
「確かにね!いろいろなこと話せるし!」

お、、おう…ってなりますよねこの状況。笑

それから、寝る前に電話がかかってきたりして、相手が寝るまで通話に付き合うという日々が続きました。

そんな暇ちゃうねんと、、

どいつもこいつも人をなんやと思ってんねんや…(暇なおっさんやと思われている)

彼女とやり取りをしていく中で、彼女が一つ質問をしてきたのです。

「そういえば、ごんぞーくんって好きな人とかいないの?」

このようにやたらと恋愛トークが多く、元彼の話とか、こちらの恋愛の話を掘り下げられました。

ここまで恋愛大好きっ子には、こっちが気がある感じを装って、ジャブを打つようにしてます。

(冗談半分で、この子のことを言ってみるか)

「いないことはないけど、まだわからないかなー。」
「ええ!気になる!職場の人とかー?」
「今電話してる人かなーw」

え、ほんと!?でも絶対嘘じゃんーw

なにこの会話…中学生か私は。。笑

年の悪い精神年齢が幼いんですかね、この女も。

ただなんか、、あれ、結構反応いい?!笑

ごんぞーモテ期到来なんか…もう手遅れやっちゅうねんと。

相手が私に好意を抱いているかもしれないという、激しい思い込みを抱きました。

その話をしてから、距離感は一気に縮まり、彼女から会いたいと誘われることが多くなってきました。

私自身も早く会いたかったので、時間を調節しつつ会える時間を作りながらも、彼女としっかりやり取りをして好意をより強めることに注力しました。

そして、アポ確定。

「週末暇だったら一緒どこかいかない?」
「いいねいいね!やっと会える!」
「何かしたいことある?」
「色々してみたい!ご飯食べたりお買い物行ったり・・・」

一応アポイントが取れたので、安心しました。

この手の女も無論ですが今までに経験があります。

非常に気分屋なので、なんかの拍子に冷められて或る日突然連絡が来なくなります。

あれこの子俺のこと好きだったんじゃないの?!だから告白したのに振られた!という現象と同じですね。

終始つまらなそうにする彼女に制裁レイプ!

看護婦との待ち合わせは渋谷駅。
もはや渋谷以外でアポをとるのが面倒になってきてますな。

待ち合わせに現れた女は黒色のニットに白のタイトスカートというギャルっぽい格好。

生足が見えているのがエロかったです。(小学生並みの感想)

「はじめまして!ごんぞーです!少し遅れてごめん!」
「大丈夫だよ。どうする?これから」

あれ?!

あの電話でのテンションはどうした?なんかめっちゃふてぶてしいやんけ…

少しテンションが低い感じが垣間見えましたが、その時は気にしませんでした。

「とりあえず酒飲もうよー!!」

こんな感じで無理やりテンションあげて、居酒屋に連れて行きましたが人見知りなのか反応が死ぬほど淡白。

電話の子、実はお母さんとかちゃうやんな?と、疑心暗鬼になるレベル。

「そういえば、今日何してたの?」
「寝てた」
「そうなんだ!結構昼寝するって言ってたもんね!」
「うん。眠い」

ええ…あのノリノリの感じからこのテンションでヤクザすぎるやろ…

通話の時とは明らかに違うテンションで、彼女のなりの何かがあったのでしょう。

それから、2時間ほど飲み会をしてもそのテンションでお通夜みたいな雰囲気でした。

何を話しても、彼女はそういう反応だったので、さすがにイライラしてきました。

この女なめとんなと。

この俺の顔見て写メと違うからキレとるんか、疲れとるんかなんか知らんけどもこれは許せへんぞ。。

お仕置きが必要なようですなぁ。(ニチャァ)

どう?もう一軒いけるー?

うーん、そういう気分じゃないー

どういう気分やねんw

仕事疲れたし、もう帰るー

いや、まってや!せっかくきたんやし、もう一軒だけ行こうや!

もうホテルでいいじゃん

え?いいの?笑

今まで冷たくされたことが一気にすーっと消えていくのがわかりました。

おいおい、ごんぞー。
お前何あつくなってんだよ。
この子はホテル、既にOKなんやで?

もう態度と発言がちぐはぐすぎて謎でしたが、ホテルに行きました。笑

ただホテルについたものの、、、

なかなかやらしてくれず!!

お前は一体いつからホテルに行っただけでやらしてくれると錯覚していた?

とでも言われているかのような状態ですな。。

もーめんどくさい…ひたすら舌打ちしたくなりましたがここは我慢…

電気を消して必死に雰囲気作りを気張りました。

耳舐めしたり、頭撫でたりと思いつく限りの前戯を行なったのですが不憫な態度をとる彼女に嫌気がさしたので、強引に彼女の胸をもみました。

「ちょっと。やめてよ!」

しかし、その声を聞こえないふりをして次はタイトスカートをめくりました。

すると見えるいやらしいピンク色のパンティ。

ああ!いける!なんか抵抗されてるけどなんとか流れでいけそう!!

あまりにもエロかったので、パンティをずらしてそのまま指マン。
「ねえ・・やめて!本当だめ!」

口を押えながら声を押し殺している彼女は、エロかったです。

必死に感じまいとする姿勢、まさに侍よ…

それでも、しっかり彼女のおまんこは濡れているので、ギンギンになったペニスを顔の前にやりイラマチオ。

嗚咽しながらしゃぶっている彼女を前に、優越感に浸りました。

こういうとき思うんですけど、さっさとちんこだしたもん勝ちちゃうかなって。

チンこ見せたらそらそういう空気にならざるを得ませんやんか?笑

舐めてもらった後は、しっかり挿入。

口を押さえつけて、声を出さないようにピストンを開始しました。

涙目になりながらも、感じている彼女に最高の興奮を覚えました。

普段そういうことをしない分、非日常的なシーンだったので射精も早かったです。

正常位をして、10分ほどで射精。
彼女のニットにかけてフィニッシュ。

「バカ。強引すぎ。」

犯された彼女でしたが、実は最初からそれを望んでいたようです。

そのあとも、フェラをしたりクンニをしたりとお互いを舐め合い時間が来るまで、満喫しました。

好意を寄せられてもヤリ捨て

ネカフェの一件があってから、彼女からしつこくラインが来るようになりました。
一夜過ごしたということもあって、より好意が強まったのでしょう。

しかし、顔が好みでもなかったし、付き合う対象でもなかったのでその場で切りました。
正直、テクニックも良くなかったので、ヤリ捨て女に認定です。

看護助手ということもあり、性欲は強かったのですが、そこまでエロくもなかったので、結果外れでしたね。
セックスはできたものの、リピートはありませんでした。

会員数700万人突破!PCMAX公式サイトはこちら!(18歳未満利用禁止)

ブサイクでも出会える方法 にほんブログ村 大人の生活ブログへにほんブログ村
↑ポチってってな♪