出会い系ガチ体験談ブログ

出会い系で人妻を犯すならPCMAX!セックスレスの人妻と汗だく不倫セックス!

      出会い系体験談    


出会い系サイトの醍醐味といえば、不倫ですわな。

普段公には出会えない、セックスできない人妻とこっそり連絡とって昼間にセックスするだけの関係とか、もはや男のロマンでしかない。。

ただそんな話ほんまにあるんかい、と。

疑いたくなりますわな。

欲求不満な人妻とかほんまにおるんか?AVだけちゃうんかと。

このブログでも何度か書いてますけど実際そんなAVに近いようなシチュエーションで何度か人妻とセックスした経験があります。

やっぱり人間、あかんって言われるとやりたくなりますやんか。

JKしかり、不倫もそう。

相手は既婚者なのに、自分とセックスをしているという背徳感がなんとも言えない感情となり、興奮してしまう。

普通のセックスだと収まりがつかなくなるんでしょうなぁ。

しかし、当然ですがあかんと言われてる分、リスクもつきもので、ライン交換とかをしてしまうといつ相手の夫から連絡が来るかひやひやしなければなりません。

これがほんまにバレるかバレないかビクビクしながらやらんといけないんでそこがデメリットであり、メリットでもある人妻との出会い。

まあ、そんなリスクとか云々考え出したらきりないのも事実なんでね。

欲望に忠実にいきましょ。笑

というわけで今回ですが、出会い系サイトの中でも特に人妻が多いとされているPCMAXで、人妻を見つけて会ってきましたぞ。

メッセージの段階でわかったんですが、相手がセックスレスだということ。
出会い系サイトをしていて、相手がセックスレスだったらもうセックスが確定しています。

その人妻と何があったかを、赤裸々に語っていきたいと思います。

PCMAXで不倫を募集する怪しい人妻

いつも通りPCMAXをしていたのですが、若干マンネリ化していました。

会う女性はいつも若い子ばかりです。
(私がそういう人ばかりを狙っているせいですが・・・笑)

たまには、刺激的なことをしたいと思ったので、普段狙わない人妻に手を出してみることにしました。

人妻は、リスクが結構高くて、後々面倒なことになる可能性もあるので控えていました。

しかし、今回ばかりは仕方ないと思ったので、さっそく掲示板で検索。

セフレを募集している人でも、不倫を募集している人でもとりあえず人妻だったらいいやという感覚でした。

キーワード掲示板の検索で、人妻とだけ検索して地域設定を絞るとかなりの女性が出てきました。

中でも、気になっている女性10名にメッセージ。
(給料日後ということもあり、財布に余裕があったので奮発!)
顔が好みの女性にメッセージするだけではなく、女性選びもしっかりしました。

メッセージを送った女性に共通しているのは、セックスレスと公言していること。
掲示板に「セックスレスです」「刺激的な日々を求めています」「不倫希望」というワードが入っている人にメッセージしました。

身支度を済ませて、2時間ほど放置していると2名の女性から返信が来ていました。
一人は、40歳のセックスレスの女性。
返信に返しましたが、そこから音沙汰がありませんでした。

もう一人の女性は、38歳の女性で不倫を希望している結構危なめの女性。

「メッセージありがとうございます!掲示板の内容見てくれましたか?」

唐突にこういう話をされるのは初めてだったので、若干緊張しました。

「こちらこそ返信ありがとうございます!見ました!僕も危ない橋を渡ってみたいので・・・」

まさに欲望のままに彼女に返信してしまいました。

なんかいきなり見知らぬ人とエッチな会話するってそれだけで異質ですよね。

実際にあったことがないからこそ妄想が膨らむし、興奮も高まりますわ。

あかんってわかっててもムラムラして連絡しちゃう…この感じねw

やっぱり人妻とたまりませんなぁ…

頑なに誘ってくる人妻

馴れ初めは、掲示板の内容から入りましたが、最初に話したくらいで普通の話に徐々に移って行きました。

女性とやり取りをしている中で、一つ気になっていることがあったのです。
それは、相手に子供がいるかどうかです。

「そういえば、お子さんっているんですか?」
「いないのー。それにセックスレスだからもう半分諦めてる」
「そうなんですね・・・。一人でしたりとかはします?」
「いつも一人でしてるよ。今日も二回したし」

いや、今日何回やったかは誰も聞いてへんけどな?笑

子供がいないことがわかり、余計なことまで教えてくれましたw

しかし、これは結構重要な情報です。
単にセックスレスというだけではなく、改めて相手に性欲があることを確認できました。

セックスレスというのも、夫に理由があることが発覚した瞬間です。

こういう時は夫の愚痴を引き出して、それに同調して慰める形のトークが一番懐に入りやすいでしょうなと、判断。

しかしせっかくエッチなトークが続いていたのでもうすこしエロトークを掘り下げました。

「逆に一人でしないの?普段セックスしてる感じ?」
「することもありますよ!」
「セフレとかは?いないの?」
「今はいないです!」

めっちゃがっついてきてくれるやん!!

返信のスピードも速いしなかなかやりとりしてて手応えを感じますな。

相手から誘われてる感じがして、少しドキドキしてきました。

それ以降も、私に興味を持っているのか何度かこういうやり取りが続いていきました。

最初は、PCMAXだけでのやりとりにしておこうと思っていましたが、動画を送ってもらう話になりました。

「一人でしてるときとかってどうやってしてるの?」
「んー。指でするしたまに電マですることもあるよ」
「まじ!?ちょっと見てみたいな〜。」
「いいけど、ここじゃ送れないもんね。」
「わかった!じゃあライン交換しよ!」

動画を送ることを口実に、彼女とライン交換することができました。

そして、交換した直後に彼女は無言で布団の中で電マを使っているオナ動画を送ってきました。

「おお!いきなりw でもエッチだね!」
「もっと見たい?」
「見たい見たい!見せて!」
「ちんこ見せてくれたらいいよ」

でたー!!

見せ合い要求系変態女w
これ一回でもSNSとかで変な女とやりとりしてエロい写メ交換とかやったことある方ならわかると思いますけど
こういう女いますよね?w

なぜかちんこ身たがる女w大きさでもみて品定めするつもりなんでしょうかね。。

じらしてくる彼女に、少しやきもきしましたが全てはセックスのため。
この女性なら、段階を踏まずに即ホテルに行けるんじゃないか?そう思いました。

「わかった!じゃあ会おうよ!今度週末とかどう?」
「いきなりね。大丈夫だと思う。」
「週末ね!あけておくね〜」

強引ながらも彼女とのやり取りの元、会う約束をすることができました。

即ホテル!?ペースを乱されながらも・・・

専業主婦の人妻だったので、週末本当に会えるかどうか心配でした。

AV通り、団地のクソ汚い部屋に真昼間から行ってみたかったですが団地すみではないようです。笑

子供がいないのが不幸中の幸いで、時間を作ってくれるとは言っていましたが、当日までわかりませんでした。

会う時間は、夕方6時から。
時間も時間だったので、ご飯を一緒に食べることを条件に会うことにしました。

定刻通り駅前に現れた彼女。

ブラウスを着ていて、下は白のタイトスカート。
OLをほうふつとさせるような格好で、ハイヒールを履いていました。

「初めまして!ちゃんと来てくれてよかった!w」
「大丈夫だよ〜。会いたかったし」

ラインとあまり態度が変わらない彼女だったので、安心しました。

多少の会話があった後に、ご飯に行くことになりました。

渋谷のカフェでご飯を済ませ、どうするかを相談。

「この後どうする?」
「それ言わせる?そういう目的じゃなかったの?」
「もう行って大丈夫なの?!」
「はやくいこ。旦那帰ってきちゃうかもだし。」

こういうやり取りをしつつ、会計を済ませタクシーに乗りホテルへ。

え、こんな簡単でいいの、、??

狐につままられたような感じと同時に、これホテル入ったらおっさんが入ってきて慰謝料請求されるやつちゃうんか。。

とビビりまくりました。汗

ホテルに到着してから、ビクビクとあたりの様子を伺いましたがおっさんの影はなし。

もーこの手の危ない出会いってほんまに怖いww

なんぼ大手のサイトとかゆーても、使ってる女がいいやつかどうかはわからないですからねぇ。

そんな怯えてる私をよそに人妻は電気を消して即座にスカートを脱ぎ始めました。
すると露になる、赤いTバック。

今となってはこの時のことをおぼろげにしか覚えていません。

なぜならこの赤いTバックを見た瞬間…まるで暖かい光に包まれたかのような多幸感と興奮を味わい、怖いおっさんがくるかもしれないという不安が泡のように消えて行きました。

いかにもな恰好に私はただ呆然とボッキさせるだけでした。

その姿を見ていたのか
「もう立ってる。早く来て。」

そういうとベッドに私を誘い始めました。

ブラウス一枚とTバック姿の彼女は、大人の色気があふれ出ていました。

軽いキスを交わした後に、パンティの上から指マン。

ゆっくりこすっただけで喘ぐ彼女。

数分こすっているだけなのに、パンティが湿ってくるのがわかりました。

「結構濡れやすい体質なんだね。」
「言わせないで。恥ずかしい。」

可愛い彼女のパンティを強引に脱がし、直接手マン。

しっかり喘いでくれる彼女に大興奮。
ギンギンになったチンポを思わず挿入してしまいました。

締まりは年齢のせいかあまりよくありませんでした。

しかし、それでも絡みついてくる蜜壺。

夏の暑い季節に冷房もつけずに、セックスに浸りました。

バック、騎乗位、正常位、座位。
全ての体位を堪能していると、体は汗だくに。

お互いの体はヌルヌルになっており、完全に獣と化していました。

射精感がそろそろ来たので、射精を。

「出すね!イク!」

外で出そうとすると、無理やり彼女に足で羽交い絞めにされ強制中出し。

「ああ!ダメだって!」
「いいの。たっぷり中に出して。」

思わず中出ししてしまいました。

危機感もありましたが、それなりに背徳感も感じれたので満足です。

帰り際にパシャりw

不倫関係は現在でも継続中

彼女に中出しをかましてしまったわけですが、その後も関係は継続しています。

夫にバレないように不倫をしているわけですが、彼女に関心がなさすぎるのか割と簡単に会うことができます。

むしろ、夫も不倫をしている可能性があると彼女が言っていたので、悠々自適に不倫ができる環境です笑

会ったときは、いつもセックスをしている仲で、リスクある不倫を楽しみつつ、セックスも満喫しています!

会員数700万人突破!PCMAX公式サイトはこちら!(18歳未満利用禁止)

ブサイクでも出会える方法 にほんブログ村 大人の生活ブログへにほんブログ村
↑ポチってってな♪