出会い系ガチ体験談ブログ

パパ活募集している女をタダマンしてガチギレされた体験談

      出会い系体験談    


あけましておめでとうございます!

2019年ですか!

このブログを開設したのが2015年なんでもうごんぞーの体験談ブログも5年目についに突入してしまいましたが…

年末年始はいかがお過ごしでしょうか。ニチャァ

私はこれまた皆さんの期待を裏切ることなく、エッチしてまいりましたので新年の挨拶もそこそこに体験談を紹介していきまっせ!笑

今回はごんぞーの舐めた女に天罰を与える、パパ活女成敗体験談ですぞ!

皆さんは、パパ活に対してどういうイメージを持っていますか?

ご飯などをおごる代わりに、その対価としてセックスをするというものでしたが、私は言語道断であると思います。

いやシステム的には合理的かもしれませんで?

素人でかなりいい女と金払って自分の好きなようにできるんですからね。

いい女で一発やるのに相場10万ってところでしょうか。

平均的には4、5万が多いようですね。

と、なんやかんや相場まで知ってるごんぞーですがはっきり言わしてもらうと舐めてんのか?と。

まだね、お金払ってやらしてくれるならいいんですよ。

割り切りと変わらないんでね。

でも、中にはご飯だけで2万!もちろん奢りね❤️とかいうキチガイもおるんですわ。

なんでお前と飯食うだけで20000も取られるんや?

この20000円、ワシらおっさんがどんだけ汗水垂らして稼いだお金やと思っとるんや?

それをなんの苦労もなく、うまい飯だけ食わせてもらってお金もらうとか虫が良すぎる。。

世の中そんな甘いもんじゃないと、私は常々思っておるんですわ。

やってることは、ただの買春と変わりませんし、どちらかというとそういうことをしてる人を説教したい立場です。

そこで!!

今回はそんなふざけたパパ活をしている愚かな女相手にお金を払う振りをしてタダマンしたるぞ!

という勧善懲悪体験談となりまっせ。

そんな舐めた女ですが、PCMAXでパパ活を募集している女がおりました。

その女性は、アダルト掲示板に投稿しており、大胆にも「パパ活を募集しています」と書いておりました。。

(こいつにしゃーないからご飯なおごってやる。でも
お金は1円もやらずにホテルに誘ってタダマンしてやる…)

とんでもない条件を微妙なスペックのくせに突きつけてくるパパ活女

PCMAXのキーワード検索で、「パパ活」と検索すると、非常に出てきます。

これは、地域によって変わってくる部分もあると思いますが、都内だと数千件近くの検索結果が見つかるのでいい感じの女性を探すのも一苦労でした。

そうこうしつつ、どういう女性に狙いを絞ろうかなと思って、しばらくPCMAXを吟味していました。

パパ活募集をしている人を見ては、プロフィールを確認して別の人を見る作業をしていると、一人の女性を発見。

33歳の女性がパパ活を募集していました。
(いい年して何してんだよおばさんがよ)
と思いながら、この女性に狙いを絞ってみることにしました。

普通では、自分がママになってもおかしくない年で、パパ活をしている女性だったので腹が立って思わずメッセージしてしまったわけです。

「掲示板を見て気になりました!良ければですが援助しますよ?ご飯くらいだったら全然奢ります!」

メッセージをすること2時間ほどで、彼女から返信が来ていました。

「メッセージありがとうございます!それは助かります。できれば、早めがいいのですが、いつ頃が都合いいですか?」

早速相手から連絡が来て、いつ会うのかまで向こうから聞いてきました。
モテない私でも、パパ活という手段を使えばある種ヒーローになることを確信した瞬間ですw

「いつでも大丈夫ですよ!仕事の時間とかもあるので、できればお休みの日がいいですね!」
「わかりました!では、休みの日が決まったらまた連絡してください!待ってます!」

そういって、彼女とのやり取りは途切れてしまいました。

明らかに一方的に終わらせようとする彼女の姿勢に、また腹が立ってしまいこいつは成敗するべきだなと思ったので、早々にアポイントを取ることにしました。

一応ラインだけは交換することができたのですが…正直雲行きはかなり怪しいw

たまたま、週末が休みだったということもあり、土日はどうなのか聞いてみました。

「今週末が休みだったので、教えておきます。ご都合はいかがですか?」
少し、紳士を装った感じの返信をしてみて、相手がどういう対応をしてくれるか、待っていました。

「ありがとうございます!今週末空いてますよ!あ、一応条件を言っておきますね。」
そうやって彼女がパパ活の条件を私に伝えてきました。

・お泊りはなし
・H目的はNG
・金銭援助は食事だけで1万円

いやいやいや!!!

30オーバーの熟女が何言うてるんや!?!

この図々しい態度どう思います?

完全にやり口がヤクザのそれでしょう!笑

パパ活をやってる人間がこの態度を取っていて、加えて上から目線なのが癪に障ったので、余計イライラしてきました。

ですが、ここはガマン……

「わかりました!では、今週末お待ちしております!場所は渋谷駅でお願いしいます。」

そうやって、彼女とのアポイントは成立したのです。

やらせてくれないパパ活女は実際タダでやれるのか!?

ふと……

アダルト掲示板に投稿しているくせに、H目的はNGとか抜かしている女をどうやって犯そうか考えていました。

一番早いのは、お酒を飲ませて酔わせてから、その気にさせてセックスをする方法です。

ぶっちゃけこの方法は諸刃の剣です。

相手が飲まない可能性もあるし、それでぶっ潰れすぎてもやれない可能性もあるし…

とはいえ、こんな舐め腐った女を口説けるほどのルックスもない…

そうこうしていると、待ち合わせ時間になり、渋谷駅に到着。

10分、20分と待てども彼女は来ませんでした。

イライラしていて、スマホを見ると今家を出たとの連絡。

その連絡から30分後に彼女がやってきました。

定刻よりも1時間遅れた到着で、彼女の第一声。

「初めまして!お腹すきましたよね!ご飯行きましょ!」

はい、殺す。

遅れたことのわびもなかったので、イライラ度合いはMAX。

ま、、まあ見た目は確かにちょっとエロいけどぉ…笑(ちょっとこころゆらいでるやん!)

しかし鉄のハートをもったごんぞー。

表情一つ変えずに紳士を装い、彼女を居酒屋に誘いました。

居酒屋に行くと、彼女は自分の食べたいものを頼みまくり、飲み物も勝手にオーダーしていました。

その勢いにさすがに引いてしまった私は、彼女に一言。

「け、結構食べる方なんですね。女性なのに素敵です・・・。」
「そうですか?いつももっと食べてますよ!」

そ、、、そうですかぁ…

そんな食うとは思わず、財布の中身が気になりました。。

え、このワインめっちゃ飲みやすーい!

と、食欲が落ち着いたのかお酒をグビグビ行き始めました。

いや、無理やり飲ませたりはしてませんで!?

あくまで向こうが勝手に飲み始めたんです!笑

ボトルを一人で1本は開けたでしょうか。

気がつくとかなり酔っ払っておりました。。

勝手に飲んで勝手に酔っている彼女を介抱する気はありませんでした。

「なんか飲みすぎちゃったみたい。早くお家帰りたい〜。」

ええ……

なんか色々策略を考えておりましたが、勝手にぶっつぶれてくれたのでこのままホテルに連れて行こうと。

会計を済ませて、彼女を家に帰らせるためにタクシーを呼びました。
もちろん、帰らせる名目であって、行先はホテルです。

パパ活女をホテルに持ち帰り成功!お酒もほどほどにしなきゃね♡

彼女をタクシーに乗らせると、それでも彼女は聞いてきました。

「もーちょっと頭いたい。トイレ行きたい」

はいはい、もうつくって。ちょっと待ってや。

それを永遠と繰り返している彼女に、嫌気を感じつつもホテル街に到着。

途中吐くんじゃないかと冷や汗ものでしたわ。。

千鳥足になっている彼女を開放するように、最寄りのラブホにチェックイン。

「やっとお家ついたよ。疲れたねぇ。笑」

「んー。」

彼女は、ラブホと家の判別もできないくらい酔っており、そのままトイレに駆け込もうとするところを捕まえてベッドへ連行。

(あれ??これで、犯してしまってもなんも問題ないんじゃね?)

んーー、、、問題なし!w

寝ている彼女に覆いかぶさり、ない胸をもみ始めました。

酔っているのか、感じることすらしない彼女を無理やり犯し始めたわけです。

はいているパンツを脱がして、地味な青いパンティが御開帳。
それも脱がして、下は丸裸。

毛も処理していないようなただのドブス干物女でした。

ローションが、備え付けであったのでそれを彼女のまんこに塗って、強制的に滑りをよくして、彼女に無理やり挿入。

前戯をするほど余裕はなく、むかついたのでそのまま挿入してやりました。

案外勃起するもんで、ピストンをしていると、酔いながらも若干感じていました。

その姿にもイライラしたので、無理やり後ろを向かせてバックで調教。
酔いもさめるほど、思いっきり尻をスパンキングしてやりました。

さすがに冷めるかと思いましたが、冷めずにそのままぐったりしています。

最後は、もちろん中出しでフィニッシュ。

ことを済ませると、早々とホテルの外に出ていき、家に帰りました。

パパ活女から怒涛のメッセージが

翌朝になり、LINEを開いてみると、彼女からメッセージが数十件。
どれも怒りの内容で、メッセージが来ていました。

「意味わかんない。なんでホテルにいるの?」
「まぢありえないんだけど。え、うちらエッチしたの?」
「お金は?どうなってるの?」

そういうメッセージばかりを送ってきていたので、彼女に言い放ちました。

「パパ活はだめだよ。」

そうして、彼女をブロックしてことは終了です。

タダマンしただけあって、ガチギレしてしまいましたが、私には関係ないことです。
パパ活している女性を、あらゆる形で成敗することができたので、よかったです。

会員数700万人突破!PCMAX公式サイトはこちら!(18歳未満利用禁止)

ブサイクでも出会える方法 にほんブログ村 大人の生活ブログへにほんブログ村
↑ポチってってな♪