出会い系ガチ体験談ブログ

PCMAXのセクキャバ嬢はセックスできるのか!?体を張った体験談w

      出会い系体験談    


キャバ嬢を口説きたい。。

私はこのブログでも何度も話してる気がしますが、めちゃめちゃキャバクラ好きでした。。

六本木、渋谷、恵比寿、西麻布、新橋などなど…

ありとあらゆるキャバクラ・ラウンジにいきましたが、向かうところ全敗。。

逆にキャバ嬢口説けた人っているんですかね?!笑

もうわかりませんわ…

あまりにもやれなさすぎて、やめて出会い系に入れ込んで数年経ちますがやはり夢は諦めきれません。

そこで、キャバ嬢が無理ならちょっとランク下げてセクキャバ・おっぱぶ嬢くらいならおっさんでもわんちゃんやらしてくれるんやないか!?と思い、最後の希望を持ちました。

おっぱぶで働いているようなセクキャバ嬢ならどうでしょうか?
そういう感覚でお店に入るので、少しは相手もその気になっていますし、落とすことができる確率も高くなってくるかもしれません。。

ま、そんな甘くないんでしょうな…と。

さすがに私も学習して、店に入ってそのセクキャバ嬢を口説くとなると、莫大なお金が必要となりますし、結構非効率だと気付きました。汗

そういう時だからこそ、出会い系サイトで見つけるに限ります。

出会い系サイトには様々な職種の人がいますが、今回は実際にセクキャバで働いている女性を捕まえることができました。

PCMAXにいたそのセクキャバ嬢は、アダルト掲示板に投稿しており、「スグ会いたい」という項目に印をつけていました。

普段ならスルーしておくべきポイントですが、セクキャバ嬢となるとテクニックもかなりのものだと思ったので、どうにかしてものにしたいと思っていたのです。

今回は、そのセクキャバ嬢とどうなったかを紹介していきます。

職業検索で見つけたセクキャバ嬢

PCMAXの職業検索は結構役に立ちますし、キーワード検索と一緒に使用することにしています。
今回、どうしてもキャバ嬢と出会ってみたいと思っていたので、キャバ嬢で検索してみることにしました。

すると、選り取り見取りのキャバ嬢が出てきて、アダルト掲示板にも関わらず色々な人が出てきました。
大半が、お店の営業で使っている人が多くて、「お店に来てくれる人募集中」という投稿をしていたのです。

そういうものかと思っていましたが、キャバ嬢だけではなくセクキャバ嬢もワードで拾っていたのです。
ところどころ、セクキャバ嬢を見つけては、プロフィールを見ての繰り返しで、どの子も特にアクションを起こしたいと思う人はいませんでした。

しかし、一人だけアクションを起こしたいと思う子がいて、掲示板に「スグ会いたい」と投稿しているセクキャバ嬢でした。

プロフィールに飛んでみると、ピンサロで働いている女性らしく、テクニックには期待が持てたのでメッセージ。

「掲示板から気になってメッセージしました!良かったらやり取りしませんか?」

無難なメッセージだったので、正直相手から返信が来るかどうか心配でしたが、一旦は待ってみることに。

しばらく、PCMAXを放置してスマホを見てみると、その子から返信が来ていました。

「ピンサロで働いてるけど大丈夫なの?」

その返信だけ来ていたので、むしろ大歓迎だった私はそのまま返信しました。

「大丈夫ですよ!むしろそれにつられてメッセージしましたw」

相手は、自分がピンサロで働いていることに罪悪感を感じているのか、あまりメッセージが来ていないような感じの返信でした。

しかし、どうにかしてセクキャバ嬢を落としたいと思ってた私は、彼女とのやり取りを継続。

彼女のやり取りは、仕事の話が多かったので、相手の話を一方的に聞く形で話は進んでいきました。

相手から誘われて即OK

彼女がセクキャバで働いていることはわかりましたが、どうやってしてこの女性を外に連れ出そうかを考えていました。

勝手なイメージでしたが、夜職をしている=お酒が好き というイメージがどうしてもぬぐえなかったので、ここは一発居酒屋に誘ってみることを決意しました。

とはいっても、タイミングがなかったので、こちらから作ってみることにしたのです。

「そういえば、働いている場所とかではお酒飲めたりするの?」
「一応飲めるよ〜。飲み放題になってて、ビールとかは追加でお金かかるけど」
「そうなんだ!結構お酒とか好き?」
「好きなんだけど、私たちはあまり飲めないんだよねw」

相手がお酒好きだということが分かっただけでも、かなりの収穫です。
このまま、やり取りを続けていけば、居酒屋に誘えるのも時間の問題でした。

お店の話を聞いていて、たまに彼女から営業をかけられることもありましたが、さすがに店に行くのは気が引けたので断っていました。
最初からその気で近づいてきたのかな?と思いましたが、普通にやり取りをしている時点で、それはないと思っていました。

そして、その時は突然やってきました。

「土日のどっちかって空いてたりする?」
「空いてるよ!またお店に来てとか言ったりする?w」
「違うよ!W 暇だったら一緒にご飯行けないかなーって思って!」
「全然大丈夫だよ!せっかくだからお酒飲もうよ!好きだし!」

相手から誘われることになりましたが、結果として居酒屋に行くことになったのでよかったです。

ノリの良さからホテルに直行しセックス!

彼女とのやり取りは、PCMAX上で続けており、ラインを交換することはありませんでした。
そのため、少しポイントがかかってしまい、痛手になっていましたがそれでも会うことになったので一安心。

当日になり、渋谷駅前を待ち合わせ場所にして、彼女が来るのを待っていました。
待ち合わせ時刻は午後8時と結構遅めの時間帯です。

「そろそろ着きそうだよ〜。どこら辺にいる?」
「駅前にいるよ〜。多分すぐわかると思う!」

こうして、彼女とのやり取りをすること五分。
ギャルっぽい格好をしている女性がスマホを見ながらきょろきょろしていました。

おそらくその子だと思ったので私から声をかけに行きました。

「あの〜、えりさんで大丈夫ですか?」
「そうそう!やっと見つけた!よろしくね!」

元気に挨拶した彼女は、花柄のタイトスカートのワンピースを履いていました。
10センチはあるだろうヒールをはいており、身長は結構高め。
胸はそこまで大きくなかったですが、タイトスカートで強調されていました。

その格好に若干興奮しつつも、居酒屋に移動。

彼女とお酒を飲みながら、セクキャバの話で盛り上がっていました。

てか、なんでセクキャバとかやってるん?

最初はふつうにガールズバーやってて、やめるとき店長にここ紹介されたのw

あーw系列店に回されたわけやなw
でも、そんだけ夜職やってたらふつうに出会いありそうやけどな

いや客はまじでないwお金払ってくれる人がもうすべて笑

あー、やっぱそうなっちゃうんやw俺別にお金払ったりとかはしてないけどええん?w

客じゃないし、まーいっかなってw

なにその嬉しいような、貧乏人と思われてる感じwいや、貧乏やけども!ww

彼女は相談する感覚でしたが、私の場合は新しく知識をつけるという感覚で、ピンサロがどういうところなのかを改めて知るきっかけになりました。

彼女とのやり取りもつかの間、お店のラストオーダーの時間になりいい感じに酔っていました。

お店を出てから、彼女と話していると、彼女から一言。
「なんかさ、お酒飲んだらそういう気分ならない?w」
「そういう気分?wわからないw」
「言わせる気?ww」
「どういうことwwえ、じゃホテルいっていいん?w」
うんwwwてか、この時間からもうそれがいいw

こういうノリの良さが、やはり夜職をしている人らしいと思いました。

足早にホテルに向かい、彼女度ベッドでくつろいでいると、彼女のほうから仕掛けてきました。

彼女は大胆にも、いきなりディープキスをして音をたてながらしていたのでエロかったです。

タイトスカートが少しめくりあがって、パンティが見えそうで見えないそのラインが勃起を誘発させており、気づいたら下はギンギンに膨れ上がっていました。

我慢できなかったので、彼女のタイトスカートをめくり、のTバックをご開帳。
可愛い彼女のパンティを横にずらし、クンニを開始。

音をたてながら、彼女のを舐めるとしっかり感じてくれました。

「あん。すごい上手。もっとして」

もっと求める彼女に答えて、しっかりクンニをしました。

濡れているのがわかったので、そのまま挿入。

ギンギンに膨れ上がったペニスが、彼女の狭い子宮に入り込みました。
勢いで入れてしまったので、射精感がすぐ来てしまいました。

10分のピストン運動で、果ててしまいました。
最後は、彼女のおなかにかけてフィニッシュです。

シャワー浴びてるところとベッドで寛いでいるところを盗撮しましたw

ワンナイトで終わっても関係は継続

彼女との関係は、ワンナイトで終わってしまいましたが、ホテルにいる時にラインを交換しました。

そのあとは、特に会ってもいないので、セックスをすることはありませんでした。
しかし、相変わらず営業のラインが来るので、それは無視して普通の会話をするようにしていますw

案外、PCMAXにいるセクキャバ嬢は、ガードが弱いような気がします。
セックスに持ち込むことができても、最悪会うまではできると思うので、普通にキャバ嬢を落とすよりも楽に感じました。

実際にお店に行くより、断然安上がりだったので、よかったです。

会員数700万人突破!PCMAX公式サイトはこちら!(18歳未満利用禁止)

ブサイクでも出会える方法 にほんブログ村 大人の生活ブログへにほんブログ村
↑ポチってってな♪